任天堂のMiitomoのアプリがなくなることがショッキング

任天堂のアプリ、Miitomoがなくなってしまうことは私にはとてもショックなニュースでした。
ゲーム系のアプリにはあまり興味がないのですが、私の一番愛しているアプリだったからです。
ネットではすぐに飽きたという声もある一方で、存続を望む声も沢山聞かれました。
やはり機能の一つであるフォト機能が特に残して欲しいという意見が多かったようですが、私も同感です。
基本的にMiitomoのサービスは全部好きなのですが、フォトは本当に楽しかったです。
手持ちの写真にMiiを合成させることが出来るので、Miiと一緒にお出かけして来た風な写真を作ることも出来ました。
色々な方のツイートを見ていると、Miitomoが本当に好きで仕方がなかった人は沢山出てきますね。
外国人ユーザーでも多いです。
終了ということで私は今まで会話をしたことがないMiitomoのファンの方とSNSで少しやり取りさせて頂きました。
終了するのが辛いという気持ちを理解してくれる同じファンの方と、少しでもやり取りをすることが出来たことが嬉しかったです。

今日の午後の予定を少しまとめてみました。

 午前中はとりあえず、病院へ行って眼科でみてもらいそれで終わりました。教え子の2時面接も駅まで送って終わったと連絡があったので駅に着いたら電話してくれるように言ってあります。午後からジョブサポートがあるのでそれに行きます。しっかりと求人を取ってあるのでその相談を入れて面接を採って終わりです。履歴書は作成してくるシステムになっているので結構というかかなり楽です。証明写真だけを貼ればいいので後は履歴書を郵送するならそれを出すだけなので後は来週の月曜日なりますね。気長に待つだけです色々と楽ですから、後は、来週はいよいよ日サロへ行きだします。ここまで在宅ワークでもオークションでもしっかりと盛り返してきてるので倍返しで取り返したいと思います。それを課金に回していい感じにしたいと思います。4月になったら熱帯魚も開始です。まあガンガン稼ぐぜって感じですね。私生活は、普通にできるのでね。まぁいい感じです。後は、買い物とか調整するときに老害に気をつけてですね。

介護に人型ロボット・ペッパーを本県市内15施設にて活用というニュースについて思う事

人型ロボット・ペッパー(以下ペッパー君)を本県(福島県)の介護施設にて活用されるというニュースを新聞で読んだ。私が定期的に通う病院にもペッパー君がおり、老人と会話しているのをよく見かけることがある。ペッパー君はロボットであるが、外観は親しみやすく柔らかい印象を受ける。毎日一緒に過ごしていたら愛情が芽生えていくのではないかと思う。今後、ペッパー君のようなロボットが世の中に広く普及し、家は勿論、学校や会社、駅等でも見かけるようになると社会はどうなっていくのか楽しみだ。例えば学校では先生の代わりに教師として生徒に指導をしたり、教科書やノートの忘れ物を持ってきてくれたりするかもしれない。会社では会議等でプレゼンを行ってくれたり、お茶を出してくれたりするかもしれない。駅では駅員の代わりにお客さんを案内したり、車掌さんの代わりに切符を確認したりするかもしれない。人型ロボットが当たり前になると人間とロボットが上手く共生できる社会作りが求められていくと思う。お金借りる 5万円