綿くりって作業をして、綿作りを初めて体験しました

今日初めて綿くりというのを体験しました。
できた綿の種をひたすらローラーを回して出すという、単純な作業でしたが新鮮でとても楽しかったです。
綿くりをしてから糸にして、どんな風に仕上がるのか楽しみです。

昔はこんなに大変な思いをして、綿を作り出していたんだなと大変さがわかりました。
だけど大変な作業だからこそ、作ったものに対しての愛着も湧くのかなと感じました。
いっぱい時間をかけて、綿くりしても綿になるのはほんのわずかです。
現代と比べたらとても効率が悪いですけれど、とても達成感がありました。

私は単純な作業がとても得意なんでとても楽しくできました。
目に見えて綿が出来上がっていくってすごく新鮮でした。
こうして手作業で丁寧に仕上げられたコットンはかなり現代では価値があるみたいで、デパートなんかではかなり高級品として販売されるそうです。
自分が綿くりだけでも手伝ったものが、販売されて誰かに使用してもらえるなら嬉しい事はありません。ミュゼ 襟足 脱毛

銚子電鉄の本銚子駅、ヒロミの手でこんなに変身! 日本テレビ系「24時間テレビ」内でリフォーム実施

日本テレビ系列で8月26・27日に放送された「24時間テレビ?愛は地球を救う 告白〜勇気を出して伝えよう〜」で、タレントのヒロミが、銚子電鉄?本銚子駅を番組オンエア中にリフォームしました。「今年の日本テレビ系『24時間テレビ』の企画で、タレントのヒロミさんに本銚子駅の駅舎をリフォームしていただきました。長年修理もできずに傷んでいた駅舎を、通学で利用する地元の小学生が安心して楽しく利用できるな駅舎にしてくださいました」(銚子電鉄)「24時間テレビ」はチラチラと観ていた、ヒロミが鉄枠を塗装している姿が映って居た、「錆を一酸化鉄にする塗装なんだ」と言って居た。今日、ネットでリフォーム前と後の写真見たら素晴らしく生まれ変わって居た。ヒロミの隠れた才能を見直した次第である。募金だけでなくこういう素晴らしい企画はもっともっと増やしてもらいたい。タレントの才能は意外と多彩である事は所ジョージの例でも知って居たが、もっともっと居そうな気がする、新企画では困って居る事を助けると言うような事を遣ってもらいたい!