ミシンに向かっている時間は夢中になれる最高の時間

子供を産んでから節約のためにスタイを作ってのがきっかけでした。

糸を通すことすら分からず、そこからのスタートでした。

初めは1つのスタイを作るのに1日かかっていましたが、今では1日あれば何枚でも作れるようになりました。

子供たちが寝ている間しか自分の時間はないと思っていましたが、ミシンをやりながらでも子供たちを見ていられると気づきそこから裁縫に目覚めました。

しかし、可愛い生地などを買うと高くつきあまり節約になっていない気がしていました。

そこで見つけたのが100均で買える手ぬぐいです。

子供服なら1枚でパンツが作れます。安くてたくさん作れるのは本当に助かります。

生地を裁断し、ミシンをかけている時間。何も考えずただ出来上がりを想像して、娘たちの喜ぶ顔を思い描く。

それだけで幸せな時間が過ごせます。

スタイや子供用のスカートやズボンにしかチャレンジしていませんが、これからはバッグか帽子にも挑戦していくつもりでいます。アリシアクリニック スムース ビューティー 違い

お料理を綺麗に盛り付けるだけで、見た目が全然違う。

私はお料理を作ることが好きなので、仕事から帰ったあとお料理をするのが苦ではありません。冷蔵庫にある食材を見ながら、何を作ろうかと考えている時間が楽しいです。実際にお料理をし始めると、手際よくしたいので、よく考えます。仕事の時には使わない頭脳を使いますが、とてもストレス発散になります。お料理をしたあと、お皿に並べる時についつい大皿に並べてしまいます。大皿に並べて、自分で小皿に盛って食べています。何個もお皿を使っても良いのですが、洗うのが面倒だなぁと思ってしまっています。先日テレビを見ていた時に、お料理をお皿に盛りつける方法を変えるだけで、お料理がもっと美味そうに感じられるので実践してみましょうという番組が放送されていました。本当に綺麗に盛り付けるだけで、お料理がさらに美味しそうに見えました。私も実践してみたくなりました。仕事から帰って来て、おかずを5品作り、一つ一つ小さな小皿に入れて並べました。見た目が全然違いました。少しの量でも満腹感を感じられました。不思議です。http://www.sleeekingenting.biz/musee-yoyaku.html

動画配信サイトでのドラマの鑑賞が今アツいです

定額制の動画配信サイトでアメリカドラマを見るのにハマっています。大体1話45分くらいで長いものだと1シーズン20話ほど。それが何シーズンも続きます。日本のドラマだと大体10話完結くらいが多いのですが、海外物はとても長いです。途中で飽きる事もありますが、映像や内容も映画並みのものも多くなかなか止められません。Amazonだと年間4000円弱、その他の配信サイトだと月々1000円ほどで見る事ができ、オススメです。日本のドラマも見逃し配信があったり充実しています。その他ドラマだけでなく映画もたくさん見る事ができ、大体月替わりでチェンジされていくものも多いので飽きる事もありません。わざわざレンタルショップに行く必要もなくお手軽に映画が楽しめるのでとてもありがたいです。ツールもPCやスマホやタブレットTVなどで見る事ができ、TVで途中まで見る→気になる続きは外出中にスマホで見る事もできます。その他、アニメも充実しており子供も楽しめてとてもありがたいです。

フリーランスという仕事のあり方を知り、自分らしい働き方の可能性を考える

働き方として、自分の好きな時間に、好きな場所で働けたらどんなにいいだろうとずっと考えてきました。でも、正社員としての安定性や社会保障の充実さを考えると、現実的な働き方として考えることも無駄のように思って、半ば諦める気持ちになっていました。
そんな時、ひょんなことがきっかけで、日本でフリーランスの語学教師として働く人と話す機会がありました。そのきっかけとは、その語学教師の人が募集広告を見た人からの電話番を探していたからでした。
私は、仕事を探している身で、新しい仕事が見つかるまでのパートタイムとして電話番の仕事に応募したことがきっかけで、その人と出会うことになったのです。そして、実際に会った時、面接というよりもお互いの自己紹介から始まり、彼の仕事のビジョンや、仕事に対する考え方を学ぶことができました。
彼の言ったことで一番印象に残っていることは、フリーランスという身分が一番自分らしい働き方できるということでした。ただ、フリーランスという身分で生活を成り立たせるには、自分の得意なことを見つけて、それをもっと上達させていくことだということも話していました。それを聞いて、実際にフリーランスという仕事を成り立たせている彼の姿に勇気付けられると同時に、自分らしい働き方は実現できるかもしれないという希望を持つことができました。ハーバルラビット 効果なし

通販カタログについて、気が付いたことを書いてみます。

通販でお洋服を買おうとしましたが、迷うことが一点ありました。
夏のセミフォーマルを買うときに、どれがセミフォーマルかわかりにくかったのです。
どれもなんだか良さそうに見えるのです。普段から通販でお買い物をしていなかったから、わからないのです。
いろいろ迷っているうちに、一つ気がついたことがありました。
フォーマル、もしくはセミフォーマルを買うときは、お洋服を着用しているモデルさんの顔立ち(目つき)と髪がポイントになるように思いました。
フォーマル、もしくはセミフォーマルを着ているモデルさんは、顔立ちもしゃんとした感じで、髪型も決まっています。
目つきもしっかりしています。(きついという意味ではありません、念のため)
全体的な雰囲気がしっかりした感じの方は、フォーマル、もしくはセミフォーマルを着ているのです。
反対に、モデルさんの髪型がぐしゃぐしゃ、目つきもうつろな感じだとかなりの確率で普段着であることが多いようです。
もし、通販のカタログでお洋服、それもセミフォーマルを買うことがあったら、参考にしていただければ幸いです。

すっかり肌寒い季節が到来しましたね…と言いたい件

「最近すっかり肌寒くなって来ましたね…」なんてことを言えたらいいのですが、これから毎日毎日暑い夏がやって来ます。
私の大嫌いな季節です。
毎日暑いのかぁと思うと今からもう夏バテしそうな勢いになってしまいます。
夏が好きな人がいますが、そういう人は大体夏のイベントが好きなんだと思います。
海に行ったりお祭りに行ったりとか。
私も子供の頃は夏が大好きな季節でしたが、それって夏休みもあるしお祭りなどにも行けるから好きと言っていただけだと思うんですよね。
大人になったら夏休みなんて関係ありませんし別にお祭りとかもどうでもいいイベントになってしまいます。
最近少しずつ気温が上がって来ましたが、なんと今うちではまだファンヒーターをつけています。
母が洗濯物が乾かないから少しだけつけようと言うのですがさっきからずっとついているんですけど…。
とにかく夏は虫も出やすい季節ですしいいことなんてありません。
早く冒頭で書いたようなすっかり肌寒い季節が到来して欲しいものです。

芸術や美術に興味があり、美術館・博物館めぐりが好きです。

もともと美術や芸術に興味があるので、美術館や博物館を巡るのが好きです。美術史的にいうと近代絵画から印象派、シュルレアリスム、ピカソのような抽象的なものも好きですし、現代アート的なものにも興味あります。歴史にも興味があり、近代から現代にかけての日本画にも興味があります。都会であれば美術館や博物館は豊富にあり、どこの美術館博物館も工夫を凝らした展覧会をやっているので飽きることがありません。入場料も常設展なら500円程度、特別展でも1500〜2000円程度と比較的安価なので、趣味をやりたいけどお金があまりないという人にも向いていると思います。また、特別な技術とか知識も特に必要なく、いつでも誰でも簡単に始められるという利点があります。個人的に好きな画家は、洋画ならモネ、ゴッホ、ルネ・マグリット、キース・へリング、アンディ・ウォーホールなど。日本画なら俵屋宗達、伊藤若冲。現代アートなら草間彌生さんなどです。

日本生命セパ交流戦もあとわずか!どうなる順位表

セパ交流戦もあと2カードで終了ですね。

私は熱狂的な楽天イーグルスファンなんですが、交流戦でまさかの3連敗、2カード連続負け越しをくらってガックシ来ています。
パリーグではそんなことなかったのに…
しかも失礼ながらまさかの中日&横浜に負け越し…
巨人に連勝できた時は、やった巨人に連勝したぜこのまま突っ走るぜーなんて思っておりました。
その巨人はそのあともずるずる負け続け、みんな勝ってるし3連勝なんか普通じゃん状態笑
広島には絶対負けたくなかったので、まあ1敗はしましたが勝ち越せて一安心しております。
広島とやると両方真っ赤で訳わかんないですね笑
よく見ると全く別の色なんですが、中継でスタンド全体を見ると広島ファンがどこにいるのかわかりません笑

後はヤクルトと阪神…
ヤクルト、交流戦なかなか勝ててませんね。
だからと言って全く油断できません。なにしろ向こうのホームですし、ヤクルトはいきなりガンガン打ち始めるイメージが…
阪神?もちろん負けられません!
一昨年の甲子園での連敗の悔しさを忘れた日はありませんよ!笑
(当時悔しすぎて泣いて帰りました笑)

さあがんばれイーグルス!
交流戦明けも首位でいよう!
ソフトバンクちょっとはそこで足踏みしてください!笑

少し遠出をして長男のリクエストの公園に行った

このあいだ、子供三人を連れて公園に行ってきました。というのも、いつも仕事で忙しく全然かまってあげれていないので一番上のお兄ちゃんに「どこに行きたい」ときいたところ「家族で大きな公園にピクニックに行きたい」というのです。もっと、遊園地やおもちゃやさんと言うと思っていたので、その返答にとてもほほえましく思いました。子供のリクエストだったので、少しだけはりきって久しぶりにお弁当を朝早くから作って子どもたちと旦那と家から少しとおいところにある公園に行ってみました。家からそこまで遠くない公園だったけれど、子供たちもわたしたち夫婦もなんだかすごく遠くに旅行に行く気分で車内もとても楽しかったです。公園に到着すると、子供と旦那は遊具や広場でおもいきり遊んでいました。わたしはその光景を写真を撮ったり、ぼーっと見たりして過ごしました。長男の提案は、とても楽しく下の子供たちも帰りの車で「今までで一番楽しかった」と言ってくれていました。こういう休日もたまにはいいものだなと思います。