東海道新幹線の新型車両であるN700S系が日中の試運転も開始したそうです

この日中の試運転では他の列車とのすれ違いなども調べるという事で、また営業運転開始に一歩近づいたという感じですね。

ところでこのN700S系、スペックはどうなっているんでしょうか?

ブレーキ力に関してはN700Aよりも向上していて、車体の軽量化や空気抵抗の低減など高速性能に有利な条件も揃っているように思います。

しかし現状285キロ以上の速度で走行するという事は明言されていません。

確かに営業運転開始からしばらくは足慣らしや運転士達の慣れの問題もあったりして現状の速度で様子見したいという事があったりはするかもしれませんし、将来的な速度向上に関してJR東海は完全否定している訳ではないので今後何らかの動きがあってもおかしくはありませんが…

そして加速性能はどうなるのでしょうか?

300系、700系、N700系と加速性能は向上し続け、現在のN700系列では通勤電車並みの加速性能を誇ります。

という事はN700S系は更に加速が良くなっていたりするのでしょうか?

いくら今後リニアが開通するとは言ってもやはり利用者にとって安くて速い新幹線は魅力的ですし、速度面での技術の追求も捨てて欲しくはありません。

少しでも速くなっていたら嬉しいのですが。マルイカード お金借りる