ロシアサッカーワールドカップ セネガル代表対日本代表の試合を見て感じたこと

ロシアサッカーワールドカップの予選リーグ第二戦のセネガル代表対日本代表の試合は、日本が二度追いついて引き分けとなった。先制された時は、このままズルズルと失点を重ねて大敗してしまうのではないかと思ってみていたが、先制された後の日本代表の戦い方は見事だった。体格や身体能力で勝る相手にあたり負けせずに小気味良いパスとテクニックで相手を翻弄する戦い方には、日本の長所が随所に出ていたと思う。1人1人のポジショニングの良さや状況判断の良さも相まって互角以上に戦えていたなと思った。やはり海外のリーグで常に大柄な選手たちと戦ってきた経験値やそこで身に付けたスキルが生きていると感じた。スタメンの選手たちはセンターバックの昌子選手を除き、みんな海外リーグでプレイしている選手たちである。今までの日本代表と違って、選手それぞれが海外で経験したことを上手くチームで共有できている部分が、大きいと思う。第三戦はポーランド戦だが、全く気の抜ける相手ではない。これまでの経験をさらに力に変えて戦いに臨んでほしい。