コンパクトカーなら軽自動車でじゅうぶんでは?

日本の国内メーカーでも、多くのメーカーは日本よりも海外での販売台数が多いのが現実の話です。

海外で求められるような車を作ろうとすると、車のサイズは大きくなり、日本の狭い道路や住宅事情とはマッチしなくなります。

過去の携帯電話と同様に、日本で売れる車というのもガラパゴス化が進んでいる感があり、とにかく日本では大きな車が売れません。

最近の売れ筋はといえば、プリウスを除けば、ほとんどがコンパクトカーかミニバン、もしくは軽自動車という有り様になっています。

でも、個人的に不思議なのは、コンパクトカーが欲しいと思うなら、軽自動車でもいいのではないかということなんですよね。

軽自動車はもともと燃費がいいし、車両規格の制限もあり、もれなくタイトな作りになっています。

しかし、最近では車内空間は広いし、ターボエンジンを搭載して、日常的なカーユースでは不自由に感じる部分をすくないのではないでしょうか。

にもかかわらず、アクアやフィット、ノートなどのコンパクトカーが支持を集める理由というのは、何なんでしょうかね。顔脱毛 体験